本社スタッフブログBlog住宅あれこれ解説!一覧 6ページ目

私のお父さんが電気設備のお仕事なので、

家のコンセントやしてもらう予定の諌山です!!

私が住んでいる家は中古を購入。

昔の家なので

コンセントの場所少ないのがつらい(-ω-`*)


ですが、今の時代、1部屋につきエアコンを取り付けたり、

テレビやDVD、冷蔵庫、電子レンジ、
ドライヤー、パソコン、充電器などなど

電気frownを使用する機会は増えていますよね(ToT)


そこでみなさん!
お家を建てるときに重要な電気配線図とその記号の意味はご存知ですか??


お家の間取りはよく見る機会があるので何となくわかる方はいると思いますが

電気配線図を見る機会は家を建てるときくらいしかありませんね(ToT)


 電気配線図


↑この画像が電気配線図といわれるものになります

まずはよく使用する記号の意味をご説明します




   ←コンセント

数字が付くと二口、三口コンセントになります


 

↑実物は家の中で一番目にするコンセントですね♪
 これは二口コンセント







  ←アースコンセント

アースコンセントにも数字が付くとアース付コンセントになります


 
 

↑これがアース付コンセント

アースとは?
漏電防止やコンセントを通して機器などに流れるのを防ぐためなのです!








  ←防水コンセント

WPが付くと、お外用の防水コンセントになります







 片切スイッチ ←片切スイッチ

 ←パイロットランプ付スイッチ

 
 

↑これは各お部屋でよく見かけるスイッチですね

PLが付くと画像のように電気がついているかいないのか
確認できるようにランプ機能がついているものになります。

今はいろんな色やデザインが豊富になっているので
スイッチもインテリアの一部になっていますね









  ←三路スイッチ

数字の3が付くことで三路スイッチになります。

三路スイッチとは?
たとえば階段の電気をつけたり消したりするとき
1階と2階どちらのスイッチを使っても入り切りできますよね!
そんなときに三路スイッチを使います!!







 
  ←ライトコントロール(調光器

これはそのままの意味で光を調節できるスイッチになります。





他にも記号がありますので
残りは次回更新に!!

 



久留米・鳥栖・佐賀・佐世保・大牟田・荒尾エリアで、
新築住宅・注文住宅をお考えの方は、
私達のちょうどいい家造り 999万円 から


ローコストで建てる、デザイン住宅なら サンキューホーム♪
 
サンキューホーム ホームページは↑をクリック♪ 



 

地図が読めずに、iphoneのgoogle mapナビに頼りきりの諌山です(-.-;)

方向音痴で地図を見ながら、なかなか目的地にたどり着けないという
悲劇。


「○○をにいって~」

と道を教えていただいても、方角がわからないので、ちんぷんかんぷん
(*´ー`*)


きっと私と同じお悩みの方はいらっしゃいますでしょう!!






ということで!!


今回は間取りに記載している
記号についてご紹介します!!

 


↑の間取りのように、英語で略されているものがあります



LDK
リビング・ダイニング・キッチンの略です。
居間・食事場所・台所が一体になった居室空間のことをいいます。


CL、WIC(WCL)、SC
CLはクローゼット、WIC(WCL)はウォークインクローゼット、SCはシューズクローク。
WICはCLよりも大きい収納になります。主寝室につける場合が多いですね。


UB
ユニットバスのことをいいます。



そして、プランなどに
3LDKなど記載していますが、

数字の部分が
部屋の数を示しています。


 

↑のプランですと

1階に和室が1部屋、2階に洋室が3部屋。

LDKがついているプランなので、

4つの部屋があり、リビングダイニングキッチンがついてる

4LDK」ということになります


次回は間取りの
について説明いたしますので、乞うご期待!!


 


久留米・鳥栖・佐賀・佐世保・大牟田・荒尾エリアで、
新築住宅・注文住宅をお考えの方は、
私達のちょうどいい家造り 999万円 から


ローコストで建てる、デザイン住宅なら サンキューホーム♪
 
サンキューホーム ホームページは↑をクリック♪